教育者による暴力事件 刑事事件化が不安なら埼玉県春日部市の弁護士に相談を

2018-09-14

教育者による暴力事件 刑事事件化が不安なら埼玉県春日部市の弁護士に相談を

埼玉県春日部市の養護学校に勤務しているAさんは、学校に通う男子生徒Vさんに対して指導を聞いていない従わない等を理由に、耳を引っ張って移動させる、座っているVさんの足を踏みつける等の暴力行為を行いました。
この様子が学校関係者により撮影され、ネットに投稿されたため、この動画は全国ネットのテレビ報道でも取り上げられました。
Aさんの勤務する養護学校に抗議や刑事処罰を求める電話が相次いだため、不安になったAさんは刑事事件化の可能性や見通しを聞くため、弁護士に相談することにしました。
(平成30年9月12日日テレNEWSの報道を元に、場所等の事実を変更したフィクションです。)

【報道される可能性が高い教員による刑事事件】

上記刑事事件例は、愛知県名古屋市の養護学校において、50代の男性教員が当時高等部に通っていた男子生徒に対し暴力を振るっている様子を撮影した動画をモデルにしています。

一般に、刑事事件の手続において、逮捕、送致、起訴、判決のそれぞれのタイミングで事件の内容がマスメディアによって報道される可能性があるとされています。

ただし、特に教職員や公務員等、特定の身分関係にある人による不祥事の場合、刑事事件化していない段階でも、問題のある行為、不適切な行為等としてメディアを通じて批判を受けることもあります。

上記動画内で確認できる行為に限って言えば、暴行罪傷害罪強要罪等で刑事事件化するリスクがあると言わざるを得ないでしょう。

一般に、ある犯罪行為は、被害者による警察署への相談や被害届の提出により刑事事件化することが多いですが、上記事例のように暴力行為の現場を撮影した映像が現に存在する場合には、第三者による告発(刑事訴訟法第239条)の可能性もあるでしょう。

刑事事件化のおそれがあり、実際にその心当たりがある方は、刑事事件化して警察に取調べを要請されたり逮捕されるより前に、刑事事件に詳しい弁護士に依頼し、起こり得る刑事手続の見通しを得ることが大切です。

埼玉県春日部市で、教育者による暴力事件等により刑事事件化のおそれがありご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警春日部警察署への初回接見費用:38,200円)

ページの上部へ戻る