Archive for the ‘交通事件’ Category

埼玉県深谷市の刑事事件に強い弁護士 無車検車運転のお悩み受付中

2017-10-19

埼玉県深谷市の刑事事件に強い弁護士 無車検車運転のお悩み受付中

埼玉県深谷市在住の会社員Aさんは、このたび車検が切れて1か月経過した自動車を運転し、シートベルト不着用で警察に止められた際に車検切れ(無車検)が発覚しました。
実はAさんは、過去にも車検切れ(無車検)の自動車を運転しており、20万円の罰金を払っています。
Aさんはいったん釈放されたものの、今後どのような処遇となるのか不安になり、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

無車検者の運転で実刑もある?】

車検切れや自賠責保険切れ状態のいわゆる無車検・無保険の自動車の運転について、数年前から国土交通省が取締り・摘発・検挙を強化すると表明しており、2014年から、陸運局の登録車両をデータ化して、車検の有効期間、所有者、住所等を迅速に照会できるシステム(MOTAS)とナンバー自動読取装置を連動させて、運転中の自動車のナンバープレートを読み取り、無車検車・無保険者を摘発する取組みを段階的に導入しています。

また、国土交通省は民間業者との提携して、車検切れや自賠責保険切れの車両の摘発を進めており、タイヤやオイルの交換等またはガソリンスタンドの給油等で車検切れが発覚すると、通報される可能性も出てきます。

無車検(車検の切れを含みます)の自動車を運転すると、道路運送車両法違反として6月以下の懲役または30万円以下の罰金が科されます。

そして、ほとんどの場合車検の有効期間と自賠責保険の保険期間は同じですので、車検切れの自動車は同時に自賠責保険切れ状態でもあり、この状態で運転した場合、上記の罰則に加えて、無保険車運転の罰則で処罰されることになります。
無保険車運転の罰則は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

過去の刑事事件例からすると、無車検車運転や無保険車運転の初犯であれば略式裁判による罰金処分で済むことが多いですが、無車検や無保険の運転回数や期間の長さによっては正式裁判になり得ます。

また、前科がありながら無車検車運行・無保険車運行を繰り返している人や執行猶予期間中の再犯の場合、実刑判決の可能性が非常に高いと言えます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所として、数多くの交通犯罪を扱っています。

埼玉県深谷市無車検車運転でお悩みの方は、弊所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警深谷警察署への初回接見サービス費用:41,660円)

埼玉県の刑事事件に強い弁護士 過失運転致死傷罪等の交通事件はすぐにご相談を

2017-10-18

埼玉県の刑事事件に強い弁護士 過失運転致死傷罪等の交通事件はすぐにご相談を

神奈川県大井町の東名高速道路下り線で6月、追い越し車線に停止したワゴン車が大型トラックに追突されて夫婦が死亡した事故で、ワゴン車の進路を妨害し事故を誘発したとして自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの容疑で同県警に逮捕された。
容疑者が、事故の前月にも山口県下関市内で3件の進路妨害を繰り返していたことが、捜査関係者への取材で分かった。
(毎日新聞2017年10月12日より)

【過失運転致傷と危険運転致傷】

このたびの交通事件では、被疑者の悪質な交通マナーがマスメディアで取り上げられ、残された遺族の方への同情が多く集まっています。

ではここで、自動車等の運転によって他人を死亡または負傷させた場合の罰則について整理します。
これらを処罰する法律は「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」に規定され、この第2条が「危険運転致死傷罪」、第5条が「過失運転致死傷罪」とされています。

このうち、危険運転致死傷罪は、①アルコールまたは薬物摂取運転、②速度超過運転、③無免許運転、④妨害目的運転、⑤信号無視運転、⑥通行禁止道路の運転、の具体的列挙となっており、対して過失運転致死傷罪は「自動車の運転上必要な注意を怠り」と包括的な規定となっています。

法定刑は、危険運転致死傷罪が1年以上の有期懲役(最大20年)、過失運転致死傷罪が7年以下の懲役・禁固または100万円以下の罰金となっています。
なお、過失運転致傷罪において、傷害が軽く情状が認められる場合、刑の免除をすることができます。

法改正以前の自動車運転過失致死罪も含めた過去の量刑を見ると、自動車保険の補償の有無や違法性の程度等により、罰金刑から執行猶予付き、最大で実刑7年と非常に幅広い判決が下っています。

交通事件に関する刑事事件は、事故件数も最大で、非常に多様な内容ですので、ご相談は刑事事件に強い弁護士になさると安心できます。

埼玉県の過失運転致死傷罪等の交通事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
(埼玉県内の警察署への初回接見サービス費用は、HPのお問い合わせフォームまたは0120-631-881にお電話ください。)

埼玉県比企郡の刑事事件に強い弁護士 過失運転致傷で逮捕ならご相談を! 

2017-08-01

埼玉県比企郡の刑事事件に強い弁護士 過失運転致傷で逮捕ならご相談を! 

埼玉県比企郡在住の会社員Aさんは、通勤にも普段の移動にも自動車を運転しています。
ある日職場の飲み会の帰り、普段であれば運転代行を利用するところ、距離が近いからと酒に酔った状態で自動車を運転し、他の自動車と接触事故を起こしてしまいました。
事故の相手は頸部にむち打ちが残る程度の傷害を負いました。
Aさんは衝突現場に駆け付けた埼玉県警小川警察署の警察官によって、道路交通法違反および過失運転致傷罪の容疑で現行犯逮捕されました。
Aさんは突然の逮捕に戸惑い、警察を通じて妻に刑事事件に強い弁護士への依頼するよう連絡しました。
(※フィクションです)

危険運転致傷罪とは】

自動車を運転する上で必要な注意を怠り、それによって人にケガを負わせた場合、過失運転致傷罪という犯罪が成立します。

従来は、刑法の自動車運転過失致傷罪として規定されていたものが、平成26年の改正により「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」として独立しました。

法改正により法定刑も引き上げられました。
危険運転致傷の場合、15年以下の懲役が課され、過失運転致傷の場合、7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金(情状により刑の免除あり)が課されます。

過失運致傷罪が成立するからといって、必ずしも逮捕されるわけではなく、在宅のまま捜査を行うこともあります。
しかし、過失運転致傷罪が成立する場合、同時に道路交通法違反が成立することが多く、例えば救護義務違反(ひき逃げ)を行っている場合などには、逃亡の恐れがあるとして逮捕される可能性は高くなるでしょう。

過去の事件例からすると、過失運転致傷罪単独であれば、仮に起訴された場合でも罰金刑や執行猶予がつくことが多いようです。
しかし、同時に道路交通法違反や過去に同種の逮捕歴がある場合など、懲役が科されるケースもあり得ます。

過失運転致傷罪を含む交通犯罪では、刑事事件に経験豊富な弁護士に相談し、適切な事件の見通しを聞くことをお奨め致します。

埼玉県比企郡過失運転致傷事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警小川警察署への初回接見費用:42,100円)

埼玉県秩父市の刑事事件に強い弁護士 無免許運転で逮捕ならご相談を!

2017-07-25

埼玉県秩父市の刑事事件に強い弁護士 無免許運転で逮捕ならご相談を! 

埼玉県秩父市の主婦Aさんは、先月免許停止処分を受けましたが、日常生活で自動車を利用する必要があったため、無免許のまま自動車運転をしていました。
しかし、ある日自動車を運転中、他の自動車との接触事故を起こしてしまい、現場見分にきた埼玉県警秩父警察署の警察官に無免許運転が発覚しました。
Aさんは一度秩父警察署へ同行して取調べを受け、後日再び出頭するよう要請を受け、いったん家に帰されました。
Aさんは今後無免許運転逮捕されるのではないかと不安になり、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

無免許運転に対する罰則】

無免許運転に対する罰則は、大別して行政処分と刑事罰に分かれます。

免許停止中や免許外運転の無免許運転に対する行政処分としては、運転免許の点数制度で減点19点されるため、免許取消しとなります。

他方、無免許運転に対する刑事罰は、道路交通法違反として、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が課されます。
また、無免許運転の恐れのある人物に車両を提供した場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金、無免許運転だと認識しながら同乗した場合、2年以下の懲役または30万円以下の罰金が課されます。

無免許運転逮捕事案と弁護活動】

無免許運転が捜査機関に発覚した場合、行政処分および在宅のままの罰金刑で処分されることもありますが、中には逮捕されるケースもございます。
例えば、以前にも無免許運転や交通違反で逮捕歴がある場合や、無免許運転の期間・常習性、無免許運転で交通事故を起こした場合など、違法性が大きいと判断される場合には、無免許運転で逮捕される可能性は高くなります。

無免許運転刑事事件における弁護活動では、被疑者の反省を示したり、免許取得への取組み等を具体的に伝えるなど、様々な手段を用いて軽い量刑を求める活動を行います。
この点、無免許運転を含む交通事件を多数取り扱う法律事務所であれば、経験豊富な弁護士がその事件に最適な弁護活動を行いますので、ご安心いただけます。

埼玉県秩父市無免許運転でお悩みの方は、弊所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警秩父警察署への初回接見費用は、0120-631-881にお問い合わせください。)

交通事故にも強い弁護士~福岡県豊前市の過失運転致傷事件(刑事事件)の逮捕にも

2017-07-17

交通事故にも強い弁護士~福岡県豊前市の過失運転致傷事件(刑事事件)の逮捕にも

会社員のAさんは、福岡県豊前市内を走る道路で車を運転中、ハンドル操作を誤り、Vさんと接触する交通事故を起こしてしまいました。
この交通事故により、Vさんは全治3か月の大けがを負い、通報を受けた福岡県豊前警察署の警察官は、Aさんを過失運転致傷罪の容疑で逮捕しました。
(※この事例はフィクションです。)

過失運転致傷事件を起こしてしまったら…

過失運転致傷罪は、自動車運転処罰法(自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律)の5条に定められています。
これによると、過失運転致傷罪を犯した者は、7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処するとされています。
また、同条但し書きには、被害者の受けた傷害が軽い時は、情状により、刑を免除することができるとされています。

上記事例では、Aさんの起こした交通事故により、Vさんは全治3か月の大けがを負っていますから、上記自動車運転処罰法5条但し書きにある、「その傷害が軽いとき」には該当しなさそうです。
ということは、刑の免除は期待できませんから、弁護士に依頼し、不起訴処分や軽い処分を求めていくことが必要となってくるでしょう。

過失運転致傷事件の場合、交通事故の被害者の方がいらっしゃいますから、謝罪と賠償も重要な活動となるだろうことが想像されます。
しかし、被害者の方の処罰感情などにより、当事者同士ではなかなかスムーズに進まないことが多いようです。
弁護士を間に挟むことで、より円滑なやり取りができる可能性が上がります。
また、過失運転致傷事件についての取調べも行われるでしょうが、取調べの受け方についての助言も、弁護士がついていれば逐一教えてもらうことができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件を専門に取り扱う弁護士が、初回無料相談や、初回接見サービスを行っています。
過失運転致傷事件のような交通事故に関連した刑事事件も、もちろん専門の範囲内です。
0120-631-881では、24時間365日、初回無料相談や初回接見サービスのご予約・受付を行っていますので、まずはお電話ください。
福岡県豊前警察署までの初回接見費用:4万7280円)

埼玉県さいたま市大宮の刑事事件に強い弁護士 ひき逃げの逮捕のお悩みならご相談を!

2017-07-09

埼玉県さいたま市大宮の刑事事件に強い弁護士 ひき逃げの逮捕のお悩みならご相談を!

埼玉県さいたま市在住の会社員Aさんは、夜に市内を運転していたところ、人をはねてしまい、怖くなってそのまま帰宅しました。
Aさんはこのことを父親に相談し、逮捕のリスクや埼玉県大宮警察署へ自首すべきか等を相談するため、刑事事件専門の弁護士事務所を探し始めました。
(※フィクションです)

ひき逃げとは】

ひき逃げのニュースは後を絶ちません。ひき逃げ行為とは,人や物に車等をぶつけて,そのまま走り去った場合に成立します。

ただ,ひき逃げ罪などの罪は存在しません。例えば,人をひいて怪我させてしまったような場合,自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律第4条の「過失運転致死傷罪」となります。この場合の法定刑は「7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金」です。

それにくわえて,ひき逃げ行為をした場合,道路交通法第72条前段の「救護義務違反」となるのです。交通事故を起こした車の運転手が負傷者を適切な方法で助ける義務を果たさず事故現場から逃げた場合、5年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。

また,道路交通法上第72条後段の「報告義務違反」にもあたることになり,110番通報等、事故を捜査機関に報告をしなかった場合、3月以下の懲役または5万円以下の罰金が課されることになります。

以上のように,過失で人をひいてしまった場合,すぐに連絡や救護をしていれば,上記「過失運転致死傷罪」が成立するにすぎないにもかかわらず,ひき逃げした場合には,道路交通法上の救護義務や報告義務違反となり,かなり重く罰せられることになってしまいます。

ひき逃げの弁護活動】

ひき逃げの刑事事件においては、一度事故現場から逃走しているため、逮捕の必要性が高いと判断されるケースが多です。
また、同じ理由で、ひき逃げでは逮捕後の勾留が決定する可能性も高く、身柄拘束が長くなる傾向にあります。
この点、刑事事件の経験豊富な弁護士であれば、起訴を回避するための早期の示談交渉や、起訴されてしまった場合の保釈申請など、早期の身柄解放のために様々な手段を講じて最善の結果を出す可能性を高めることが期待できます。

また、ひき逃げを起こしてしまった時点で、早期に刑事事件に強い弁護士に相談いただき、その状況でベストの弁護活動をスピーディに行うことがとても重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所として、今まで多くのひき逃げ事件を対応してきました。

埼玉県さいたま市大宮ひき逃げ事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警大宮警察署への初回接見費用:3万5000円)

埼玉県寄居町の少年事件で活躍する弁護士 無免許運転の逮捕ならまずご相談を! 

2017-06-25

埼玉県寄居町の少年事件で活躍する弁護士 無免許運転の逮捕ならまずご相談を! 

埼玉県寄居町在住の高校生Aさんは、深夜、定期的に仲間同士で集まり、無免許で自動車を運転しています。
ある日、Aさんは自損事故を起こし、駆けつけた埼玉県警寄居警察署の警察官の調べで、無免許運転が発覚しました。
Aさんは道路交通法違反の容疑で現行犯逮捕されました。
警察から連絡を受けたAさんのお母さんは、息子の逮捕にショックを受け、少年事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

【少年による交通犯罪(少年事件)】

警察庁の調べによると、人口減少による影響を考慮しても、この12年間で確実に少年犯罪の発生割合は減少しています。

しかし、交通犯罪や薬物犯罪などは、いわゆる不良行為少年の間で、依然として高い割合で発生する傾向にあります。
少年に典型的な交通犯罪を挙げれば、暴走族などの共同危険行為、無免許運転等があります。

【少年の交通犯罪と弁護活動】

少年事件の手続きは、罪を裁くことよりも、少年を更生させるという観点で設計されています。
14歳以上の少年が逮捕されると、事件は最終的に家庭裁判所に送られ、観護措置や調査官による調査等を経て、審判に付されるか判断されます。
審判が開始されると、事件を保護処分とするか、検察官に送致するか、または不処分とするか判断されます。

少年事件における弁護活動は、違法性を争ったり、情状を主張するだけでなく、少年が自分の犯した罪の重大性を十分に理解し、今後少年が再犯をしないようにどのような環境を整えるべきか、少年が更生するためにどのような指針が必要か、という点が重要となります。

また、無免許運転の場合、審判に向けた活動としては、今後の免許取得に向けた活動や、交通法規の習得のための講習会へ参加や、それを支える家族の支援などが重要になってきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件および少年事件を専門とする法律事務所であり、数多くの少年事件を取り扱ってきました。
少年事件に精通した弊社の弁護士が、ご家族の方に寄り添いながら、少年にとって最善の結果が出るよう活動します。

埼玉県寄居町の少年の無免許運転事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警寄居警察署への初回接見費用:41,700円)

埼玉県加須市の刑事事件で活躍する弁護士 酒気帯び運転の逮捕で早期釈放を目指す 

2017-06-22

埼玉県加須市の刑事事件で活躍する弁護士 酒気帯び運転の逮捕で早期釈放を目指す 

埼玉県加須市に住む自営業の男性Aさんは、ある晩友人とお酒を飲んだ後、まだ酔っ払ってはいないと思い、車で帰宅しました。
しかし、車道を検問していた埼玉県警加須警察署の警察官によって呼気チェックを受けた結果、酒気帯び運転と判断され、道路交通法違反の容疑で逮捕されました。
警察から連絡を受けたAさんの家族は不安になり、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

【飲酒運転の種類~酒酔い運転と酒気帯び運転~】
酒酔い運転は、アルコールの影響で正常に車両を運転できない状態を言います。
呼気アルコール濃度ではなく、ろれつが回っていないことや、まっすぐ歩けないなどの状況から判断されます。
一方、酒気帯び運転は、「呼気1リットルあたり0.15mg以上もしくは血液1ミリリットルあたり0.3mg以上」の基準のアルコールを含んで車両を運転することを言います。

なお、酒気帯び運転逮捕された場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が課される可能性があります。
さらに、警察庁の調査によれば、飲酒運転は、通常時の8.4倍の確率で死亡事故を引き起こすとしています。
よって、酒気帯び運転は、自分や同乗者の生命や身体の安全だけでなく、刑事事件リスクも引き起こす、極めて危険な行為と言えます。

酒気帯び運転による逮捕と弁護活動】
酒気帯び運転逮捕された場合、

・初犯であるかどうか(同種前科・前歴があるか否か)
・検出された血中または呼気中のアルコール濃度の度合い

などの様々な事情によって,早期釈放や不起訴,罰金等,終局処分が変わってくることになります。
当然,弁護活動の方向性も変わってきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、過去に多くの酒気帯び運転逮捕事件を扱っております。
逮捕直後の早期にご相談いただければ、経験豊富な弁護士が迅速に早期釈放にむけて取り組み、被疑者の方が円滑に社会に復帰することが可能となります。

埼玉県川越市酒気帯び運転事件でお悩みの方は、弊所へのご相談や初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県加須警察署への初回接見費用:40,000円)