盗撮行為で逮捕される場合されない場合 埼玉県新座市の性犯罪の刑事事件に強い弁護士

2018-08-29

盗撮行為で逮捕される場合されない場合 埼玉県新座市の性犯罪の刑事事件に強い弁護士

<事例1>
埼玉県新座市の会社員Aさんは、市内のショッピングモールのエスカレーターで女性Vさんのスカート内をスマートフォンのカメラ機能で撮影したところ、Vさんの友人に盗撮行為を発見され、取り押さえられました。
駆けつけた埼玉県警新座警察署の警察官はAさんを身柄を確保し、Aさんは埼玉県迷惑行為防止条例違反盗撮)の疑いで現行犯逮捕されました。

<事例2>
埼玉県新座市の高校生Bさんは、駅の構内でバッグにカメラ機能つき携帯電話を入れ、女性のスカート内を撮影していたところ、目撃者からの通報を受けた駅員がBさんに声を掛けました。
その後駆けつけた埼玉県警新座警察署の警察官によって、Bさんは埼玉県迷惑行為防止条例違反盗撮)の疑いで任意の取調べが行われ、その日のうちに家に帰されました。
(上記いずれもフィクションです。)

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所さいたま支部に寄せられる法律相談の中で、特に性犯罪の分野で盗撮事案(迷惑行為防止条例違反)はかなりの割合を占めています。

埼玉県迷惑行為防止条例第4条はやや複雑な条文で、公共の場所・乗り物において、人の身体に直接または衣服の上から触れる痴漢行為、人の下着等に対する盗撮行為、左記に類する人を著しく羞恥させたり不安を覚えさせる卑わいな行為を禁じており、これらの違反行為に対して6月以下の懲役または50万円以下の罰金が科されます。

犯罪の性質上、盗撮は被害者に接近して行われるため、被害者やその周囲の人に発覚する可能性が高く、現行犯逮捕は私人でも行うことができるため(刑訴法第213条)、逮捕リスクは比較的高いと言えるでしょう。

ただし、現行犯逮捕にも要件があり、また、盗撮を疑われる者が素直に盗撮事実を認め、警察の任意取調べに応じる場合等では、捜査機関も逮捕に踏み切らず、被疑者在宅のまま捜査が続くこともあります。

盗撮刑事事件または少年事件においては、逮捕された場合でもそうでない場合でも、示談交渉の経験豊富な弁護士に示談活動を進めてもらい被害回復を図ることが重要です。。

埼玉県新座市で、盗撮行為による迷惑行為防止条例違反刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警新座警察署への初回接見費用:38,700円)

ページの上部へ戻る