覗き目的の建造物侵入罪で逮捕 埼玉県三郷市の刑事事件弁護士に依頼を

2018-10-26

覗き目的の建造物侵入罪で逮捕 埼玉県三郷市の刑事事件弁護士に依頼を

埼玉県在住のAさんは、埼玉県三郷市にある温泉施設において、覗き目的で女湯に忍び込んだとして従業員にその場で取り押さえられ、建造物侵入罪の疑いで現行犯逮捕されました。
Aさんは埼玉県警吉川警察署に留置され取調べを受けていますが、「男湯と女湯を間違えて入ってしまい、無人だったため気付かなかった」と被疑事実を否認しています。
(平成30年10月26日読売新聞の記事を元に、場所や態様を変更したフィクションです。)

【様々な覗き行為と刑事責任】

刑事責任を追及される「覗き」行為は、その態様によって様々な刑事責任が発生する可能性があります。

公共の場、例えば駅の階段やエスカレーター等で、人の隠している部分をいた場合、各都道府県によって異なりますが、迷惑行為防止条例に違反することがあります。

公共の場所以外、例えば、他人の住居・浴室・脱衣所・トイレ等において、人の隠している部分をいた場合、軽犯罪法に違反する可能性があります。

そして、他人の住居や建造物く場合、その前提として他人の住居・建造物侵入しているため、住居侵入罪建造物侵入罪が成立する可能性があります。

軽犯罪法違反単独の場合、拘留または科料という軽い処罰となりますが、同時に住居侵入罪建造物侵入罪が成立する場合には、3年以下の懲役または10万円以下の罰金で処罰されることになります。

実際の刑事事件例では、覗き犯罪で刑事事件化するのは、ほとんどが現行犯逮捕のケースです。

覗き行為がその場で発覚しなければ、後日逮捕される可能性は低く、在宅のまま捜査が続くケースが多いですが、後日逮捕される可能性はゼロとは言えません。

上記被疑者の主張が真実であれば、誤って(故意なく)覗き行為をした場合には、建造物侵入罪の故意がなく、無実(冤罪)と判断される可能性もありますが、その過程における捜査機関の追求に対して適切に対応するためにも、刑事事件を得意とする弁護士に助言をもらうことが大切です。

埼玉県三郷市で、覗き目的の建造物侵入罪刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談、または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警吉川警察署への初回接見費用:41,000円)

ページの上部へ戻る