恋人間トラブルで刑事事件 埼玉県加須市の刑事事件専門弁護士に依頼

2018-05-06

恋人間トラブルで刑事事件 埼玉県加須市の刑事事件専門弁護士に依頼

5月1日、捜査関係者への取材により、交際していた女性を負傷させたとして、埼玉県警加須警察署は、有名ユーチューバーのAさんを傷害罪の疑いで書類送検したことが判明しました。
捜査関係者によると、被疑者は自宅で口論になった交際相手の女性の頭をたたくなどして軽傷を負わせた疑いで、警察の調べに対し「暴行を加えたことに間違いない」と容疑を認めています。
(5月2日読売新聞の記事を元に事実を一部改変しました。)

【さいたま支部で多く法律相談の寄せられる恋人間トラブルの刑事事件】

上記刑事事件のように、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所さいたま支部には、恋人間トラブルによる刑事事件、特に暴行罪傷害罪で相談にいらした方が多く見受けられ、その内数名の方は受任となりました。

恋人間トラブルは、できれば人に知られずに当事者間で解決したいという側面がある一方、親密な関係の恋人間で口論や喧嘩がヒートアップしてしまうと、警察に通報して大事になってしまうという側面もあり、弊所で受任した案件では、恋人間の喧嘩の末に、女性が「誰か助けて。殺される。」と叫び、男性が傷害罪逮捕されたケースもあります。

恋人間トラブルによる刑事事件では、多くの場合、女性が被害者、男性が加害者という構図になりますが、刑事事件化して任意の取調べや逮捕後の取調べがされた場合、男性被疑者も口論や喧嘩のときの感情や言い分から、被疑事実を否認するケースがあり、その結果、捜査機関の捜査が長期化したり、逮捕されている場合には、勾留のリスクも高くなる可能性があります。

また、恋人間トラブルでは、被害者がすぐに刑事事件化の重大さを反省し、処罰を求めない合意が得られる場合もあれば、感情のもつれから左記の合意や示談が難しくなるケースもあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所さいたま支部では、上述のように様々なケースの恋人間トラブル刑事事件を扱いましたが、刑事事件を得意とする弁護士の活動により、現在のところ、すべて不起訴処分を獲得し、実績をあげています。

埼玉県加須市恋人間トラブル暴行罪傷害罪等の刑事事件となってお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警加須警察署への初回接見費用:40,000円)

ページの上部へ戻る