児童に卑わいな声かけで逮捕 埼玉県本庄市の刑事事件弁護士に接見依頼

2018-08-01

児童に卑わいな声かけで逮捕 埼玉県本庄市の刑事事件弁護士に接見依頼

埼玉県本庄市在住の大学生Aさんは、市内の小学校の通学路上にて、下校途中の女子小学生に対して「もう初キスはすませたの?」等と声かけをしたとして、埼玉県警本庄警察署によって埼玉県迷惑行為防止条例違反卑わいな言動の禁止)の疑いで逮捕されました。
Aさんの両親は本庄警察署からAさん逮捕の連絡を受け、大変ショックを受けましたが、逮捕や勾留による学業への支障を不安に思い、刑事事件に強い弁護士にAさんの接見を依頼し、弁護を依頼することを考えています。
(平成30年7月31日西日本新聞の記事を元に、場所や態様等の事実を変更したフィクションです。)

【児童に対する声かけの不審者情報増加中?】

昨今、子どもが被害者となる刑事事件の発生を未然に防止すべく、各地方の警察署、学校、ボランティア等が協力して、携帯電話やFAX、インターネットなどを活用し不審者情報の素早い伝達と共有が図られる体制が整ってきています。

全国レベルでの統計は無いようですが、市町村の不審者情報の統計を何点か見ると、特に2000年代以降、治安への不安や、個人情報とプライバシーを保護する意識も高まり、些細なことでも警察に通報する事例が増加しているようで、概ね不審者情報の件数は右肩上がりで増加しています。

上記事例のモデルとなって刑事事件では、福岡県福津市の路上で、会社員男性が小学生女児を待ち伏せし、「毛が生えているよね」などと卑わいな言葉を投げかけた疑いで、迷惑行為防止条例違反卑わいな言動)で逮捕されました。

埼玉県迷惑行為防止条例の場合、第2条第4項において、公共の場所や乗り物において、痴漢行為、盗撮行為、その他人を羞恥させまたは不安を覚えさせるような卑わいな言動に対して、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金を科しています。

逮捕やその後の勾留による社会的ダメージを最小限に食い止めるためには、まずは留置場の被疑者に対する接見で情報を入手し、1日でも早く刑事事件の経験豊富な弁護士に身柄解放を依頼するのが良いでしょう。

埼玉県本庄市で、児童に対する声かけ等によって刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警本庄警察署への初回接見費用:41,460円)

ページの上部へ戻る